遺品整理で得た金を売るには?手数料や税金から買取店選びまでまるっと解説!のメイン画像
金を買取に出して発生するのは手数料だけではありません。実は税金がかかる場合があります。

手数料以外にかかる費用も!金買取で税金がかかるってホント?

金の手数料については、各買取店ごとにかかるかかからないか、手数料がかかるのであればいくらかを調べて事前に想定することができますが、実は後になって「かかると思わなかった」という声が多いのが税金です。

実は、遺品整理で得た金を買取に出すと税金がかかる場合があります。

ここでしっかりとチェックしておきましょう。

≪こちらもご参考ください≫「暦年贈与」で賢く節税。相続税が大きく軽減できるって本当? | ファイナンシャルフィールド

まず、遺品整理で得た物の中でも、生活用動産であれば非課税となりますが、宝石や貴金属、ジュエリー、着物、骨とう品などの高級品で、売却価格が30万円を超える場合は課税対象となります。

つまり、30万円以下であれば非課税、売っても税金はかからないということです。

しかし、これには注意が必要で、ゴールドバーやインゴッド、金貨などは30万円を超える超えないにかかわらず課税対象となります。

同じ金なのに加工されているかどうかで税金の有無が変わるのは不思議ですね。

事前にしっかりと把握しておきましょう。

ただ、譲渡所得の特別控除の対象となると、50万円以下は非課税となります。

税金については、どういう状況において、何に対していくら発生するのかは素人では判断が難しいことが多いです。

買取店に売却する前に事前に税務署に問い合わせをするか、役所の税務相談サービスを利用するのがおすすめです。

無駄な税金を払わずに済むように事前に準備しておきましょう。

なお、遺品の売却は、相続を放棄している場合はできません。

意外にこのあたりご存じない人が多いので注意です。

PICKUP記事

SIDE MENU